DB

観光(観光スポット)

  • 最上峡芭蕉ライン観光

    最上郡戸沢村古口86-1
    第1回 プロが選ぶ水上観光船30選で全国1位に選ばれました! 船頭の舟唄と名調子な語りを聞きながら、雄大な最上川を下ります

    最上川の流れに身をまかせ、船上からの景色を楽しむ最上峡芭蕉ライン舟下り。雄大な自然の中を船頭の舟唄を聞きながらゆっくりと下る舟下りは、四季を通じていつでも楽しめます。 冬は1日3便限定で「こたつ舟」を運行します。 また、舟下りをしながらの舟中弁当や出発点の船番所、到着店の川の駅でも山形名物やお食事が楽しめます。

    Point

    車いす貸し出し(2台)、スタッフ介助あり

  • 舞娘茶屋 相馬樓 竹久夢二美術館

    酒田市日吉町1丁目舞娘坂
    蘇る 華やぎと雅の新世界

    江戸時代から酒田を代表する料亭であった「相馬屋」を改装し、平成12年3月に開樓しました。 木造の主屋は、明治27年の庄内大震災の大火で焼失した直後、残った土蔵を取り囲んで建てられたもので、平成8年11月、国の登録文化財となっています。 伝統に新しい息吹を加えて修復した相馬樓は、1階の20畳部屋を「茶房くつろぎ処」とし、2階の大広間は舞娘さんの踊りとお食事を楽しむ演舞場に、また、かつての厨房は酒田舞娘のけいこ場となっています。 また、樓内には、雛人形や古美術品の展示のほか、竹久夢二美術館も併設され、夢二の美人画や写真なども見ることができます。 【価格改定のお知らせ】 平成30年9月1日より料金がかわります。 詳しくは相馬樓へお問い合わせください。

    Point

    ・建物内には、雛人形や古美術品の展示のほか、竹久夢二美術館も併設され、夢二の美人画や写真なども見ることができる。 ・建物は木造で国の登録文化財建造物に指定されており、入口段差もあり、手すりやスロープ等の設置はない。 ・2階へ上がるには階段を利用するしかないので、単独での見学は不可能。 ・人的介助があれば車いす利用者の見学も可能。

  • ハイジアパーク南陽

    南陽市上野1855-10

    平成4年8月オープン。 「ハイジア」とはギリシャ神話に登場する健康の女神の名。 置賜盆地、吾妻連峰、飯豊連峰、朝日連峰を一望できる小高い丘の上に佇んでいます。 眼の前には吾妻連峰、飯豊連峰を望み眼下には置賜平野が広がる絶好のロケーション。 大きな露天風呂につかり身も心もリフレッシュ。 無色透明、無臭の温泉は美人の湯として有名。

    Point

    ・子ども向け屋内遊具施設あり ・高齢者向けの食事、入浴がセットになった送迎プランもあり ・2階に無料休憩スペースあり(畳敷きの和室のほか、椅子テーブル席あり)

  • 浜田広介記念館

    東置賜郡高畠町一本柳

    広介の遺品、生原稿などが展示されているほか、童話ルームでは、マルチスクリーンで上映される、「ないた赤おに」や読書ルーム、喫茶コーナーもあり、子供たちはもちろん、大人の方にも楽しんでいただける施設です。

    Point

    ・障がい者手帳または療育手帳の提示で入館無料(本人だけでなく介助者も対象) ・点字用の本が充実 ・おむつ替えシートあり ・幼児用補助便座あり ・館内ベビーカー、車いす利用可 ・ミルクのお湯の提供可

  • 山王くらぶ

    酒田市日吉町2-2-25
    日本三大つるし飾りの常設展示がある「山王くらぶ」

    明治28年建築の料亭「山王くらぶ」が、110余年の時を経て、新たな観光拠点として生まれ変わりました。 この建物は、外観もさることながら本市で一、二の格式を誇った老舗料亭にふさわしく、各部屋ごとの組子建具、床の間などは銘木をふんだんに使った優れた意匠となっています。 館内には、北前船で賑わった時代を中心とした展示エリアと、日本三大吊るし飾りの傘福の常設展示室などがあります。 また、ここでは傘福の製作体験もできますので挑戦してみましょう。

    Point

    ・近隣には名所が多く、日和山公園へは徒歩3分、相馬楼へは徒歩1分 ・障がい者用の駐車場は青色にペイントされており識別しやすい ・筆談対応可 ・多目的トイレはなく、男女ともに洋式トイレを利用 ・建物は国の登録有形文化財となっており、スロープなどはなくところどころ段差あり ・車いすでの入館もできるが介助が必要。 2階には階段で上がる必要あり

  • 伝国の杜(米沢市上杉博物館)

    米沢市丸の内1-2-1
    上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ 博物館・文化施設 「伝国の杜」

    「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設として誕生しました。 この施設は県立の「置賜文化ホール」と、市立の「米沢市上杉博物館」の2つが合築されました。 「置賜文化ホール」では音楽、演劇など催しものを開催しております。 皆様のご来館、お待ちしております。

    Point

    館内段差なし、車いす貸出あり:4台(無料)、ベビーカー貸出あり:4台(無料)

  • 旧鐙屋

    酒田市中町1-14-20
    酒田を代表する廻船問屋

    江戸時代を通じて繁栄し、日本海海運に大きな役割を果たした姿を今に伝えています。屋敷は石置杉皮葺屋根の典型的な町家造りとなっており、内部は通り庭(土間)に面して、十間余りの座敷、板の間が並んでいます。 当時の鐙屋の繁栄ぶりは、井原西鶴の「日本永代蔵」にも紹介されたほどでした。 また、鐙屋は酒田三十六人衆の筆頭格として町年寄役を勤め、町政に重要な役割を果たしました。

    Point

    ・江戸時代を通じて反映し日本海海運に大きな役割を果たした酒田を代表する廻船問屋で国の指定史跡となっている ・駐車場は近くの市役所駐車場を利用可 ・身体障がい者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳の保有者は入館料半額 ・一般向けトイレ、多目的トイレともに建屋とは別に敷地奥に設置あり

  • 笹野観音堂

    米沢市笹野本町5686-5

    大同元(806)年弘法大師の高弟、徳一上人の開基と伝えられる。 本尊は千手千眼観世音菩薩、置賜33観音19番礼所。 歴代藩主の信仰篤く、現在の堂宇は天保14(1843)年に再建されたもの。 あじさい寺としても有名で境内には約2000株のあじさいがある。 笹野観音初十七堂祭(1月17日)には行者や信者による火渡りの神事が行われ、花市と称して笹野一刀彫の市が立つ。

    Point

    ・境内への立入りは無料 ・石の階段が続き手すりもないため、車いす利用者の参拝は困難。 ・多目的トイレの設置はなく、駐車場横に男女兼用の一般向けトイレがある。 ・障がい者が参拝するには介助者が必須。

  • 土門拳記念館

    酒田市飯森山2‐13
    世界初の写真記念館

    リアリズム写真を確立した写真界の巨匠土門拳。 昭和48年(1974)に名誉市民第1号となった、酒田市出身の土門拳氏より全作品約7万点が市に寄贈され、個人の写真を展示公開する世界初の写真記念館です。 展示内容 ○古寺巡礼 ○室生寺 ○ヒロシマ ○筑豊のこどもたち ○文楽 ○風貌 など順次公開 建造に携わった芸術家たち  建物の設計 /谷口吉郎氏の長男谷口吉生氏  中庭の彫刻 /イサム・ノグチ氏  銘板・年譜 /亀倉雄策  造園設計・オブジェ /勅使河原宏氏

    Point

    ・障がい者用駐車場から建物入口まで緩やかなスロープ(滑り止めあり) ・車いす、ベビーカー、杖(4点足)の貸出あり ・筆談対応可 ・コインロッカーの設置あり ・館内はスロープが設置されており通路も広いので移動がしやすい。

  • 致道博物館

    鶴岡市家中新町10-18
    鶴岡の歴史や文化を紹介・展示する博物館

    かつての鶴ヶ岡城の三の丸、庄内藩主酒井家の御用屋敷だったところを博物館として公開し、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、一ツ星を獲得しています。博物館中には国指定重要文化財の旧西田川郡役所や、多層民家、旧鶴岡警察署庁舎など、貴重な歴史的建築物が移築し、また珍しい書院造りの「酒井氏庭園」は国の名勝に指定され、庄内地方の生活文化を物語る重要有形文化財収蔵庫には指定された8件5350点のうち7件3550点が収蔵されています。

    Point

    ・車いす等配慮が必要な利用者向けに施設入口に駐車できる配慮あり ・補助犬の入館可 ・車いす、ベビーカーの貸出あり、筆談対応可 ・一般向けトイレの便器横にも手すりあり ・多目的トイレにはベビーチェアの他、おむつ交換台あり ・休憩場所に手荷物を預けることができるコインロッカーの設置あり ・館内の階段には手すりあり

  • 山寺芭蕉記念館

    山形市山寺字南院4223
    「奥の細道」で情緒溢れる句を残した 俳聖・松尾芭蕉の記念館

    松尾芭蕉と門人の遺墨を中心に、奥の細道に関する資料を展示しています。 企画展として奥の細道をはじめ、俳文学、日本文学に関する資料を展示することもあります。 記念館裏手のみはらし台からは、奇岩・怪石群の中に立石寺がたたずむ絶景を見渡すことができます。

    Point

    ・館内はスロープの設置など車いす利用者に優しい設計 ・筆談対応可 ・盲導犬・介助犬の入館可能 ・車いす利用者向けに茶室利用時の介助サービス提供あり ・駐車場も広々としており、建物へのアクセスもスムーズ

  • 川西ダリヤ園

    山形県東置賜郡川西町大字上小松5095-11

    昭和35年に開園した日本最大規模の観光ダリア園「 川西ダリヤ園 」。 40,000屬發良瀉呂法650種・約100,000本のダリアの花が咲き誇ります。鮮やかな紅色で日本一大きな花を咲かせる「宇宙」、愛らしいピンクの「プリンセスマサコ」、山形のブランド米と同じ名を持つ「つやひめ」などバラエティに富んだダリアが、皆さんの目を楽しませてくれます。 園内はゆっくりと散策できる遊歩道が、花壇をぬって広がります。毎年9月には「東北ダリヤ名花展」が行われるほか、 8月から11月初旬までの期間中には園内を会場に様々なイベントが開催されます。

    Point

    ・入園ゲート側に、無料駐車場あり(障がい者駐車場はさらにゲート至近) ・車いすや杖、日傘、雨傘等の貸出あり ・園内の段差がある箇所にはスロープと手すりが設置、車いすでの移動可 ・園内各所に多目的トイレの設置あり(便器や手洗い器周辺に手すりあり、簡易式オストメイト機能あり) ・園内各所にベンチやあずま屋などの休憩スペースあり

  • 庄内映画村資料館

    鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29
    支援映画が完成するまでの足跡を展示

    史跡・松ヶ岡開墾場に残る明治期の日本最大の木造蚕室を舞台に、 映画『おしん』『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』の室内セットはじめ、 希少な撮影資料や往年の名作ポスターなどを展示。 ミニシアターでは、プロモーション映像や懐かしのニュース映画も鑑賞できる。 貸衣装(無料)を身につけ御所車に乗って記念撮影も楽しい。

    Point

    ・日本遺産「松ヶ岡開墾場」にある明治期の日本一大きな木造蚕室が見どころ ・庄内で撮影された映画の衣装や小道具、室内セットを見学できる ・各建物の上り口には大きな段差があり介助が必要。2階を見学するには階段を利用する必要がある。 ・ペットの入館は抱きかかえることのできる大きさのペットに限る。 ・筆談対応可 ・多目的トイレ内におむつ交換もできるベビーシート設置あり

  • いいでどんでん平ゆり園

    山形県西置賜郡飯豊町大字萩生3341番地
    多品種50万本以上のゆりの花が咲き誇る東北最大級のゆり園!

    7ヘクタール(東京ドーム4個分)という広大な敷地に多品種50万本以上のユリの花が咲き誇る花公園。毎年6月上旬〜7月下旬の有料開園期間には飯豊町の花であるユリと、季節の花卉であふれる。 園内にはレストハウスと土産売店、花売店がオープン。 食べることのできるユリ球根がのったゆり園名物ソフトクリーム「ゆりソフト」が人気のほか、花売店では地元生産者直売の花苗や園芸用のゆりの球根を求める人でにぎわう。

    Point

    ・ゆり園の受付窓口前に、身体障がい者等用青色駐車場あり ・園内はバリアフリーになっており、車いすでの散策が可能 ・車いすや杖の貸出あり(無料) ・シニアカーの貸出あり(有料) ・園内の多目的トイレにはおむつ交換用のベビーシートが設置されており、家族連れの利用が可能

  • あやめ公園

    長井市横町5-1
    日本有数のあやめ園

    「水と緑と花のまち」長井市のシンボルになっている「あやめ」。 長井には500種100万本のあやめが咲き誇る開園100年を超える日本有数のあやめ公園があります。6月中旬〜6月下旬の開花期間中は「あやめまつり」を開催し、期間中は入園料が必要となります。 園内には、「長井古種」と呼ばれる江戸系よりもさらに花菖蒲の原種に近いとされる品種があり、「野川の鷺」「長井小町」「朝日の峰」「郭公鳥」「日月」「出羽娘」「麗人」「藍島」「三淵の流」「長井小紫」「爪紅」「小桜姫」「竜の髭」の13種は市の天然記念物に指定され大切に育成されています。他の品種にはない、小ぶりで奥ゆかしい日本古来の美を伝える美しい長井独自の品種です。 あやめの開花以外の期間は、無料開放し園内を散策を楽しむ市民や、高台広場の遊具で遊ぶ子供たちに親しまれています。

    Point

    ・あやめまつり開催期間中は入場料無料 ・公園内では補助犬の受入れ可 ・あやめ公園正面と、高台ふれあい広場駐車場近くに公衆トイレあり。どちらの公衆トイレにも多目的トイレが設置されており、入口前はスロープになっている。 ・北口近くと、高台ふれあい広場側にある多目的トイレ内には、おむつ交換用のベビーシート、着替えもできるスノコ、大きな姿見用の鏡も設置されており使い勝手が良い。

  • 上杉記念館

    米沢市丸の内1-3-60

    旧上杉伯爵邸で、昭和25年公民館として一般に開放された。 現在は上杉記念館として建物の見学、郷土料理の提供を行っている。

    Point

    ・建物は登録有形文化財となっており、足元は段差が多い。 ・食事処はイス・テーブル席完備、個室で食事をとることも可能 ・事前に予約連絡すればアレルギー対応食など提供可 ・トイレの設置はないが、近隣の「伝国の杜(米沢市上杉博物館)」1階の多目的トイレを利用可

  • 庭月観音

    最上郡鮭川村大字庭月2829

    室町時代の天文15年(1546年)、佐々木貞鋼が聖観音像を祀るためのお堂を建立したことが始まり。正式には「天台宗庭月山月蔵院」。最上三十三観音の三十三番礼所「打ち止めの霊場」として、多くの巡礼者が参拝に訪れる。

    Point

    ・多目的トイレあり ・観音堂までたどり着けなくても社務所でのお参りや説明を受けることが可能 ・社務所へ事前連絡を行なえば、車いす等配慮が必要な方にも可能な限り人的対応可

  • 新庄・最上漫画ミュージアム

    漫画の聖地オープン

    現代のアーティストである「漫画家」たち。いまや漫画は日本を代表する文化となりました。 豪雪地帯である最上地域は数々の才能あふれる漫画家たちを輩出しています。 そしてこの度、地域に眠るイラストやサイン色紙などを集めた「新庄・最上漫画ミュージアム(ミニ)」(SMMM)が新庄駅併設「ゆめりあ」のもがみ体験館内にオープン! 新庄市出身の冨樫義博先生が生んだ市公式キャラクター「かむてん」を祀った神社もあります! 【新庄・最上ゆかりの漫画家】 富樫義博 「幽☆遊☆白書」 「HUNTER×HUNTER」 阿部ゆたか 「名探偵コナン特別編」作画 岡田理知 「本家のヨメ」 安彦麻理絵 「コンナオトナノオンナノコ」 羽海野チカ 「ハチミツとクローバー」 「3月のライオン」

    Point

    ・鉄道ターミナル駅に併設する建物1階にあるため、年間通じて利用がしやすい。 ・車いす利用者は駅の多目的トイレを利用すればよく、エレベーターを利用すればすべて段差なしで移動できる。

  • 東沢バラ公園

    村山市楯岡東沢1-25
    かおり風景百選認定

    桜の名所でもある東沢バラ公園は、桜の時期は300本の桜が咲き乱れ、終わりを告げると木々が芽吹き新緑の時期を迎えます。 その頃には、水芭蕉が咲き誇り訪れる人を楽しませてくれます。 初夏の訪れとともに、世界各国750品種、20,000株余りものバラが咲き誇り、公園入口をくぐるとバラの甘い香りに酔いしれます。 バラの花が風に揺れる音や、小鳥のさえずり、水の音・・・・東沢バラ公園は自然の中で、本来あるべき場所にいるという爽快感を全身で感じて楽しむことができます。

    Point

    ・園内通路はアスファルト舗装されているため、車いすでの散策が容易。しかし、自然の地形を生かした公園のため、各所に傾斜が目立ち、基本的には車いすの介助が必要。 ・正面入口と西入口、クラシックガーデン、ボートハウス付近の計4か所に多目的トイレあり ・西入口とクラシックガーデン、2か所の多目的トイレにはベビーシート設置あり

  • つつじ園 【寒河江公園】

    寒河江市長岡
    東北最大規模のつつじ園

    市街地中央の長岡山一帯が寒河江公園です。 眺望がよく、山形盆地や月山、蔵王、朝日連邦の山々を一望できます。 他にも数々の文学碑や運動広場そして散策路が整備されており、四季を通じて楽しめる公園です。 公園の東斜面に広がるつつじ園は3.2ヘクタール。園内には11種類・約43,000株のつつじが植栽されています。 見頃は5月上旬から下旬まで。11種類のつつじは、早生種から晩生種まで長期にわたって楽しめます。 一部、藤棚も設けられており、紫色の花を添えます。 開花期間中には夜間ライトアップも行われます。

    Point

    ・公園の東斜面に広がるつつじ園の階段には手すりが設置されている。 ・斜面を利用した公園のため傾斜がきつく階段が多い。しかし、散策路はアスファルト路面で整備されており、回り込めば車いすでも園内を散策することが可能。

  • 紅花資料館/旧堀米邸

    西村山郡河北町大字谷地戊1143
    紅花商人の繁栄を今に伝える

    紅花の豪商として栄えた旧堀米邸を復元し、紅花資料館として昭和59年5月オープン。 江戸時代には、特産の「最上紅花」(昔は村山地方を最上といいました)が植えられ、可憐な花びらは紅餅(花餅)となって、はるばる京都へ送られました。 そして、京都の紅屋の手によって紅餅から真っ赤な紅がつくられ、それが京おんなの唇を彩るとともに、紅色の美しい衣装を染めあげました。 敷地内の紅花畑もあり、7月上旬に咲き誇っています。

    Point

    ・屋外およびお土産売店のトイレは車いすで利用可

  • 天童市将棋資料館

    天童市本町1-1-1

    天童市は日本一の将棋のまちで、全国シェア約95%です。 将棋のルーツは、古代インドにおいて遊ばれたチャトランガという、さいころ将棋であるといわれます。 日本に伝えられた時期は明確ではありませんが、平安時代の11世紀頃には既に遊ばれていたそうです。 以来、日本将棋は独自の発展を遂げてきました。 天童市将棋資料館は、将棋の発生と日本への伝来・世界の将棋・駒の製作工程・駒工人の作品など、将棋と将棋駒に関することをわかりやすく展示しています。

    Point

    ・事前予約をすれば、学芸員がマンツーマンで館内を案内可能 ・トイレはJR天童駅と併用 ・JR天童駅至近のため、入館までのアプローチは段差なしの完全バリアフリー

  • 広重美術館

    天童市鎌田本町1-2-1
    浮世絵師として広く知られる歌川広重の作品が集められた広重美術館

    館内には、江戸時代後期に活躍した初代広重から4代までの肉筆画や錦絵が展示されている。 特に『東海道五十三次』で知られる初代歌川(安藤)広重が、財政難にあえぐ天童藩主の依頼によって描いた『天童広重』と呼ばれる双幅は貴重なものだ。 ----------------- 江戸時代後期、江戸詰の天童藩士や藩医の田野文仲と交遊のあった歌川広重(1797〜1858)。 当時、天童織田藩は財政が苦しく、藩内外の裕福な商人や農民に献金を募ったり、借金をしていました。 その御礼や返済の代わりとして江戸で有名な浮世絵師、広重に肉筆画を描いてもらいました。 この一連の作品群が「天童広重」と呼ばれています。 当時は200〜300幅くらい描かれたといわれていますが、現在天童市近郊で確認できる数はわずかとなってしまいました。 こうした広重とのご縁にちなんで、生誕200年にあたる平成9年4月、湯のまち天童に広重美術館が誕生しました。 ------------------- ●初代 歌川広重(1797〜1858)  寛政9年(1797) 江戸八代洲河岸定火消屋敷に生まれる。幼名 徳太郎。  文化8年(1811) この頃浮世絵師を志し、歌川豊広に入門。  文化9年(1812) 師・豊広から広重の画号を許される。  天保4年(1833) 「東海道五拾三次」開版。好評を得る。  安政5年(1858) 9月6日暁に没す。 ------------------- 風景画の巨匠として幕末時代に活躍した浮世絵師・歌川広重の作品を展示。 「東海道五十三次」などの錦絵など貴重な美術品が納められています。 ≪広重美術館≫ 〒994−0025 山形県天童市鎌田本町1-2-1 ■電話番号: 023-654-6555 ■開館時間: 4月〜10月 9:00〜18:00          11月〜 3月 9:00〜17:00              (入館は閉館30分前まで) ■休館日 :火曜日、展示替え期間        (※詳細は広重美術館までお問い合わせください。) ■利用料金:大人600円、学生500円、小人300円   障がい者料金 :大人300円、学生250円、小人150円   ※手帳をご提示ください。 ■団体料金:大人500円、学生450円、小人250円(15名以上) ■駐車場 :15台、滝の湯ホテル駐車場(300台収容)

    Point

    ・インフォメーションカウンターでは筆談対応可 ・車いす利用者向けに介助サービスがある他、館内はスペースに余裕があり、車いすでの移動も容易

  • 最上義光歴史館

    山形市大手町1-53
    三の丸を含む山形城の構築や 城下町の整備に力を注いだ最上義光公

    その義光公が上杉勢との長谷堂合戦の際に身につけていた、「最上義光公所用三十八間金覆輪兜」をはじめ、甲冑、指揮棒などの遺品、長谷堂合戦図屏風、山形城本丸のふすま絵等の絵画類や調度品等、多数展示されています。

    Point

    ・入館料無料 ・展示内容に関する音声案内あり

  • 蔵王ロープウェイ

    山形市蔵王温泉229-3

    蔵王ロープウェイは山形市蔵王温泉の蔵王山麓駅と地蔵山頂駅を結ぶロープウェイ。 蔵王山麓駅〜樹氷高原駅間は「山麓線」、樹氷高原駅〜地蔵山頂駅間は「山頂線」となっている。

    Point

    スタッフ介助あり(要事前連絡)地蔵山頂付近遊歩道車椅子での利用可

  • 新庄ふるさと歴史センター

    新庄市掘端町4-74
    享保雛や新庄藩主ゆかりの雛道具や 新庄の歴史の紹介

    享保雛や新庄藩主ゆかりの雛道具には薩摩島津家家紋入りです。 山車会館1階:新庄まつりの優秀山車の展示 新庄市名誉市民特別記念室:金工鍛金家・奥山峰石氏と日本洋画界で活躍:近岡善次郎画伯の作品を展示 歴史民族資料館:新庄の歴史と、先人たちの暮らしをご紹介するスペース 雪国民族館:民具や農具を展示

    Point

    車いす貸出あり:2台(無料)

  • 鶴岡市立加茂水族館(クラゲドリーム館)

    鶴岡市今泉字大久保657-1
    世界が認めたクラゲ水族館

    山形県内唯一の水族館。最大の見どころは世界最大級・5mのクラゲ大水槽。ほかにも、クラゲの展示種類数(50種類以上)で世界記録に認定されたこともあります。さらに子どもに人気のアシカショーやウミネコの餌付けなど、楽しさ満載。クラゲを素材に使ったヘルシーな料理が食べられるレストランもあり、特に、クラゲラーメンやクラゲアイスが人気です。

    Point

    車いす貸出あり(5台 無料)、 ベビーカー貸出あり(4台 無料)

  • 山形県郷土館文翔館/旧県庁舎

    山形市旅篭町3-4-51

    明治44年前県庁舎が山形市北部大火で焼失したことにより建築された「英国近世復興様式」の建築物です。 昭和50年まで県庁舎として使用されていましたが、名称を改め現在は県政や県議会の歴史等の資料を展示しています。 国の重要文化財として指定されています。

    Point

    車いす貸出あり:10台(無料)、ジュニア用車いす貸出あり:3台(無料)、階段昇降機あり、車いす専用の出入口あり

  • 熊野大社

    南陽市宮内
    太々神楽を奉納し、一年の無事を祈る

    日本三熊野の一つ、宮内熊野大社。 平城天皇の勅命による御再建から千二百年を超える古社で、東北の伊勢とも呼ばれ、1〜3月の春参宮、10・11月の秋参宮では伊勢神宮と宮内熊野大社のみに伝わる太々神楽が奉納される。 生命や産業を育む「むすひ」の神を御祭神とし、境内には十二支の守り神など三十柱が鎮座する。

    Point

    車いす貸出あり(1台、無料)、JINRIKI貸出あり(2台、無料)

  • 南陽市スカイパーク

    Point

    パラグライダー専用車いすで飛行可能(高齢者の方も利用可能)体重制限あり

  • 上杉神社

    米沢市丸の内1-4-13
    戦国の英雄、上杉謙信公を祀る米沢観光のメインスポット

    明治9年、上杉謙信、上杉鷹山を祭神として、米沢城本丸跡に建立。  明治35年に別格官幣社(べっかくかんぺいしゃ=明治政府が定めた神社の位置づけ、分類を表す。国に尽力した人物を祀る神社)に指定され、このとき祭神は謙信のみとなり、鷹山は摂社に祀られ松岬神社となる。  大正8年に起こった米沢大火で類焼、ほとんどの建物が焼け落ちてしまったが、その後国からの援助金や米沢市民の労働奉仕などにより、大正12年、現在の神社が完成。設計は米沢出身で、神社建築の第一人者伊東忠太博士。  上杉神社は今でも米沢市民の心の支えとなっていて、初詣やお宮参り、結婚式や安全祈願など、四季を問わず多くの市民が訪れています。  境内に上杉氏ゆかりの文化財を多数収蔵する稽照殿が、近くに米沢市上杉博物館がある。 例祭4月29日。米沢上杉まつり・上杉雪灯篭まつりの会場。 桜の名所。

    Point

    敷地内石畳、車いす通行可能

  • 南陽市文化会館

    南陽市三間通430-2

    Point

    車いす貸出あり(2台、無料)、授乳室あり

  • 山形県立博物館

    山形市霞城町1-8

    地学、植物、動物、考古、歴史、民俗の各資料

    Point

    車いす貸出あり:5台(無料)、ベビーカー貸出あり:2台(無料)、階段昇降機あり

  • 山形美術館

    山形市大手町1-63

    日本画、洋画、工芸、彫刻、写真

    Point

    車いす貸出あり:4台(無料)、介助用車いす貸出あり:1台(無料)、施設内段差ほとんどなし

  • 山居倉庫

    酒田市山居町1-1-20
    湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

    米どころ庄内のシンボル山居倉庫。 明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。 米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。 白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫です。 敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。 樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。 ※山居倉庫は『やまがた景観物語〜おすすめビューポイント33』に選ばれています。 詳しくは http://yamagata-keikanmonogatari.com/ ※映画おしんの舞台となった山居倉庫 山居倉庫のほか、県内各地で撮影が行われました。 ロケ地マップをご覧になりながら、おしんの世界を堪能ください。 http://yamagatakanko.com/log/?l=334040

    Point

    館内ほぼ段差なし、スロープあり